1.脱毛の原因や予防

毛が抜ける原因には、アトピー性皮膚炎、ノミやダニなどといった外部寄生虫、真菌などの雑菌増殖によって引き起こされる、アカラス症やノミアレルギー性皮膚炎、ツメダニ症などの皮膚炎、細菌感染症、そして、体内ホルモン分泌に、異常が生じることによる疾患などが考えられます。
これらの病気のうち、アトピーや外部寄生虫、細菌が原因となっている脱毛には、一般的に、炎症、痒み、発疹が見られます。感染菌種によっては、円形ハゲが生じます。一方で、体内ホルモン分泌異常による脱毛では、赤みや痒みを生じることは稀です。分泌異常を引き起こす疾患として、副腎皮質機能亢進症や甲状腺機能低下症がよく見られる症例で、これらは高頻度で脱毛を引き起こします。

1-1.脱毛様態をチェックしましょう

犬種に特有の脱毛症もあり、X脱毛症と呼ばれる疾患は、ポメラニアン、チャウチャウ、キースホンドといった犬種に特有です。また、淡色被毛脱毛症という疾患では、ドーベルマンやミニチュアダックスフンドに特有です。アトピー性皮膚炎を発症した際は、激しい痒みを生じ、目や口、耳、脇の下、お腹など、目に見えやすい場所に生じますので、発見は容易です。外部寄生虫による皮膚炎も、基本的に噛まれた部位を中心として炎症が生じます。犬の嫌がり方から部位をサーチしましょう。これらの知識をしっかりと定着させ、あなたの愛犬がどのような脱毛様態を示しているのか今すぐチェックしましょう。

1-2.予防方法

体内ホルモン分泌異常を除けば、愛犬と生活する環境を見直すことによって、十分予防可能です。特に、アトピー性皮膚炎は、花粉やカビ、ハウスダストなどの刺激物質を、犬が過度に吸引することにより発症するためです。
つまり、ノミやダニ、細菌と接触するような不衛生な環境を今すぐ改善することや、万が一触れそうな環境に接触した場合には、掃除やシャンプーをこまめに行うこと、花粉の時期がやってきた際には、空気清浄機を稼働させること、所持していない際にはその導入も検討し、健康的な食生活と適度な運動をさせることです。
そして、何よりも、兆候が見られたら、決して放置せず、毛が抜ける病気の症状が進行する前に医療機関へ相談しましょう。

1-3.まとめ

まずは、毛が抜ける原因が換毛期だけではなく、様々なアレルゲンや疾患であることを知ることが飼い主として求められることです。そして、愛犬があなたに送っているサインを、普段のコミュニケーションから決して見逃すことなく、万が一、疾患の疑いが生じた際にはかかりつけの医療機関へ相談することです。
重ねますが、ワンちゃんとの生活環境が清潔であるのか、食生活に問題点はないか、運動量は適切か、しっかりと見直すことが健やかな生活の秘訣です。

 

【関連記事】

犬の毛が抜けるのは病気の予兆?ケアする際に大切なことは?

 

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。