1. 犬の病気「下痢と血便」って?

 

1-1. 「下痢」の原因って?

犬によく見られる体調不良の症状に「下痢」があります。下痢は体質により頻繁になる子もいますし、飼い主さんが未然に防いであげられるものから緊急を要するものまでさまざまあります。病院へ連れて行くかどうか判断が難しく、不安だという飼い主さんも多いのではないでしょうか。
犬が下痢をする原因にはどんなことが考えられるのでしょう。

犬の病気「下痢」

【食事からの下痢】

食べすぎ・食べなれない・食べてはいけないものを食べた(犬が食べられないもの・傷んだもの・アレルギー)。

【ドッグフード】

「アレルギーのある原材料が使われている」食物アレルゲンの他、添加物によるアレルギーもあります。
「品質の問題」ドッグフードの基準は非常に甘く、私たち飼い主が厳しい目で品質のよいドックフードを選ぶ必要があります。
「保存状態が悪く傷んでいる」季節にもよりますが、開封後は1か月以内を目安に使い切りましょう。直射日光が当たらない冷暗所で保存してください。未開封も同じです。
「新しいものに切り替え中」ドッグフードを他の種類に切り替えるときにも下痢になることがあります。愛犬の様子を見ながら、2~3週間かけて切り替えていきましょう。

【ストレスによる神経性の下痢】

環境の変化(気温や気圧の変化・イベント・引っ越し・長距離の移動・トリミングやペットホテルの後など)によるストレスで下痢をすることがあります。 ストレスが原因の場合落ち着いてしばらくしてから症状が出るため、飼い主さんが原因に気づきにくいようです。

【誤飲】

愛犬は小さい子供と同じだと思ってください。食べてはいけない食品以外にも、屋内外で注意が必要です。お散歩のときは、有毒植物や除草剤の付いた草などにも気をつけてあげてください。

【寄生虫感染・細菌感染・ウイルス感染による下痢】

犬が集まるような場所は、感染の危険性が高くなります。お出掛けやお散歩の際は注意しなくてはいけません。

【お腹が冷えたり、胃腸の調子が悪いなど】

体の冷えから下痢を起こすことがありますので、気をつけてあげましょう。

判断の目安としては、
様子を見ても良い場合

  • 下痢だけで嘔吐していない
  • 下痢したあと比較的元気(食欲がある)

嘔吐を伴う下痢の場合は危険です。早急に受診してください。嘔吐がなくても症状が続く場合はもちろんのこと、判断が難しいと思われたらできるだけ早く動物病院へ連れて行きましょう。

1-2. 「血便」の原因って?

血便の原因にはさまざまな理由が考えられますが、中には深刻な病気が隠れている場合もあります。いざという時落ち着いて対処できるように、原因・症状について知っておきましょう。

犬の病気「血便」

【下痢をしている】

下痢で肛門周辺の皮膚がただれて傷ついて、便に血が付くことがあります。この場合はあまり心配する必要はありません。しかし、内臓から出血をしているなど深刻な状態も考えられます。 肝臓病の他、便が通過する食道・胃・大腸などで出血が起きていれば血便として出てくる場合があります。ぐったりしているなど著しく全身状態が悪い場合は、早急に受診してください。

【便秘をしている】

腸の動きが悪くなると便秘になってしまうことがあります。腸内に長くとどまった便は硬くなり、排便の際肛門周辺が切れてしまい便に血が付くことがあります。わかりやすく言うと「痔」です。血の色は比較的鮮やかです。様子が安定しているようなら緊急ではありません。食事内容を見直して水分をしっかり摂るよう心がけてみてください。

【内臓から出血している】

腫瘍やポリープなどから出血していることがあります。また、誤飲をして飲み込んでしまったもので内臓が傷ついて出血していることもあります。便の外側に鮮血が見られる場合は、肛門に近い 「大腸の後半から肛門までの間」からの出血。便の外側・内側に鮮血が見られるなら、小腸・大腸前半部分からの出血が考えられます。またネバネバした黒っぽい便(タール状便)の場合は「口腔内・キ管・肺・胃潰瘍や胃がん」からの出血など、さらに深刻で緊急を要する可能性があります。出血が多い場合はできるだけ早めに受診してください。

【肛門腺付近から出血している】

愛犬の肛門腺絞りをしていますか?お尻を床に擦り付けるような仕草をしていませんか?分泌物が溜まったままだと、まれに腐敗して化膿してしまうことがあります。肛門腺絞りが難しいと思われたら、動物病院やペットショップへお願いしましょう。

【感染病・寄生虫がいる】

犬が集まるような場所は、感染病の危険性が高くなります。お出掛けやお散歩の際は注意しなくてはいけません。寄生虫に腸壁を傷つけられてしまい、血便が出ることがあります。その場合、便に混じって短く切れた寄生虫が出てくることがあります。鮮血の血便が続いたり嘔吐を伴っているときは、命にかかわる病気にかかっている可能性があります。震えや高熱(39.5℃前後より高い状況が続く)といった症状が出ることもあります。愛犬の様子を見て、できるだけ早く受診してください。

【生理中(女の子)】

避妊手術をしていない場合、高齢の犬でも生理は来ます。 年齢とともに出血の量は少なくなりますが、半年に1回程度の周期で1週間から10日ほど続きます。その血液が便につくことがあります。血の色は少し茶色っぽいです。

下痢の血便は要注意!

「寄生虫感染・細菌感染・ウイルス感染による下痢」「内臓からの出血」の可能性が考えられます。下痢の血便の場合は深刻な状態であることが多いです。出血の多い少ないに限らず、早急に受診してください。

1-3. おわりに

愛犬の普段の様子を把握していますか?食欲や便の状態を説明できますか?受診の際に愛犬の様子を詳しく伝えることが、迅速で正確な診断へとつながります。受診の際には、早い対処をしてもらえるよう便を少し取って病院に持参しましょう。

腸内環境を整えると言われている食材やサプリメントはさまざまありますが、与える量やアレルギーには十分気をつけてください。試される場合は、愛犬の様子を見ながらごくごく少量から始めてくださいね。

普段からできることでは、誤飲や誤食をさせないこと・ドッグフードやトッピングなど栄養バランスや質の良い食事内容の工夫など。過度なストレスを与えない穏やかな生活を心がけてあげることも大事ですね。

大切な愛犬の命を守ってあげられるのは飼い主さんです。日頃から愛犬をよく観察して、健康管理をしてあげましょうね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。