1.様子を見ていい時と悪い時の違い

まず下痢についてです。下痢はよく見られる腸の病気の症状。急性や一過性で済むことが多いですが、まれに慢性になることもあります。急性の下痢は食事を抜けば治る軽い症状から、命にかかわる重篤な症状になる場合と極端に分かれます。怖いのは、下痢と嘔吐が同時に起こると、重篤な症状になることが多いです。

 

1-1.犬の便とはそもそもどんなもの?

犬の便について学んでいきましょう。犬の便は、通常便、軟便、下痢に分かれます。通常便は、固体で且つ適度な硬さで、処理するときにつまんでも形が崩れません。さらにつまんだ後に、床や地面に残っていない状態であることが通常便の特徴です。軟便は、泥を少し固めたような状態の便で、通常便と同じようにつまもうとすると、一部が地面に残ってしまう柔らかさの便のことを指します。軟便は、水分を多く摂取した時にもなる便の状態なので、食欲と元気がある時は特に心配する必要はありません。下痢はドロドロ状態や液体状になっている状態の便を指します。時にゼリー状の物が混ざることもあります。その時に色が少し赤いこともあります。腸内が荒れている証拠なので、食事を1回抜いて腸の負担を少なくしてあげる対処をとってあげましょう。

様子をみていい時は?

様子をみていい下痢は、食べ過ぎた後や、2回目からの便が下痢になっている、食べ慣れない物を食べた後の便が下痢、痛んだ物を食べた後の下痢など、犬が下痢だけで嘔吐していない事が重要です。飼い主さんに心当たりがあって、嘔吐をしていない時は様子を見て問題ない下痢と考えてください。

様子をみてる場合じゃない(悪い)時は?

すぐに病院へ行かなければならない下痢は、出血を伴う嘔吐と下痢を起こしている場合です。出血を起こしているので、命に関わる重症な状態です。診察の際に、中毒、拾い食い、異物の飲みなど、日常生活での状態を確認しますので、犬の状態を把握して、症状を伝える時に漏れのないようにしてください。

(【参考記事】【意外と知らない!?】犬の便秘に効く食べ物は何が良い?

 

1-2.犬の嘔吐とはそもそもどんな症状?

次に嘔吐について学んでいきましょう。嘔吐とは、犬の胃が受け付けない食べ物や異物が消化しきれずに、時間が経ってから吐くこと症状のことです。嘔吐と間違いやすいのですが、食べてすぐに吐くのは嘔吐と言わず、吐出と言います。嘔吐と吐出は症状が大きく違いますが、多くの飼い主さんが嘔吐と認識しています。嘔吐と吐出では疑うべき病気が異なってきますので、どちらなのかしっかり確認しておきましょう。吐出は食道内の食べ物を無意識に口から排出するので、吐き気はありません。その為、物を出した後ケロっとしていることがほとんどです。

様子をみていい時は?

様子を見ていい嘔吐は、下痢と同時に起きていない一過性の嘔吐で、元気があれば食事を抜いて様子を見るようにしてください。具体的な症状は、仔犬の吐き戻しと、お腹が空いている時です。お腹が空いている時は黄色っぽい泡混じりの液体を吐くので、すぐに判断が出来ます。胃液を吐き続けると食道や喉が傷ついて、出血することがありますが、鮮血であれば問題ありません。

様子をみてる場合じゃない(悪い)時は?

万が一褐色の血が混じっている場合は別の病気が疑われるので、病院に行きましょう。車酔いでも嘔吐しますので、犬を連れて出かける時は、乗せる前に食事を食べさせないなど工夫するように心がけましょう。

(【参考記事】犬が嘔吐してしまったら?知っておきたい!原因と対策について

 

1-3.まとめ

i以上、「犬の下痢と嘔吐の様子見の症状と病院へ行く症状を知ろう!」というテーマでお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか?様子を見ていい時と悪い時の判断は、ポイントを抑えることで簡単に出来ます。飼い主さんが過度に心配する必要はないので、正しい知識を頭に入れておくようにしてみてくださいね。

【続けて読みたい関連記事】→ 犬の下痢・嘔吐は病気の前兆!?種類・症状ごとに変わる対策とは

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。