1. 犬の軟便が続く原因は?

1-1.軟便の原因はさまざまです。

愛犬の軟便が続いていたら・・・下痢ではないけど、心配ですよね?

今回は、犬の軟便が続く主な原因についてお伝えしています。原因を知って、愛犬の健康のために改善できることがないか考えてみましょう。

健康な便は適度な硬さがあり、ティッシュで簡単に掴むことができます。掴んだときつぶれたりトイレシーツに便の跡が残るようなら、軟便です。軟便が続く原因でまず考えられるのが食事内容です。その中でも一番多いのが食べ過ぎによる軟便です。ドッグフードに記載されている給餌量は一つの目安にはなりますが、愛犬のためには季節や運動量・体格・体質など考慮しながら量や回数を調節する必要があります。 夕方や晩の便は朝の便と違い、日中のおやつや水分摂取により軟便になりやすいことをご存知ですか?また、犬は人間と違い汗腺がありませんから、多尿や軟便になりがちだということも覚えておきましょう。ドッグフードを他の種類に切り替えるときにも軟便になることがあります。切り替えるときは、愛犬の様子を見ながら2~3週間かけて切り替えるようにしてあげてください。

 

1-2.ドッグフードの原材料が原因で軟便に

最近ではアレルギーを持つ犬が増えていると言われています。ドッグフードの原材料が原因になっていることもありますので、愛犬の軟便が続くようでしたら一度動物病院でアレルギー検査のご相談をされてみるのも良いかもしれません。犬の主な食物アレルゲンとされているのは、ドッグフードに一般的に使われている「牛肉・鶏肉・子羊(ラム)肉・鶏卵・乳製品・小麦・大豆・とうもろこし」です。他にも、発がん性のある添加物BHA・BHT・エトキシキン(酸化防止剤)をはじめ、保存料・着色料・発色剤による添加物のアレルギーもあります。保存状態が悪いドッグフードを与えたことが原因で軟便になる場合もあります。見た目には傷んでいるように見えなくても、開封した瞬間から酸化が進んでいます。季節にもよりますが、ドライフードなら開封後は1か月以内を目安に使い切りましょう。できるだけ酸化しないよう密封保存し、直射日光が当たらない冷暗所で保存してください(未開封も同じです)。

一過性の軟便ですぐ治まるようなら様子を見ても良いでしょう。しかし愛犬の軟便が続く場合には、寄生虫感染・細菌感染・ウイルス感染による下痢・内臓疾患が隠れていることがあります。軟便は大きな病気のサインかもしれません。「病院に行くほどではないだろう」と安易に考えず、なかなか症状が改善されない場合は動物病院へ連れて行きましょう。

 

1-3. おわりに

犬は私たちが思っているよりデリケートです。ストレスが腸内環境に影響を与えやすいと言われています。食事内容以外にも、気温や気圧の変化から体調を崩していたり環境変化(イベント・引っ越し・トリミングやペットホテルの後など)からの精神的なストレスが原因になったり、軟便の原因はさまざまです。

できるだけ愛犬が安心して過ごせるように、穏やかな環境を作ってあげることも心がけてあげたいですね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。