1.膝蓋骨脱臼の症状

チワワなどの小型犬に多いとされる「膝蓋骨脱臼」。その症状や原因、予防を紹介し、対処法や治療法を紹介します。膝蓋骨脱臼は飼い主が気づいてあげることが最も重要になってくるので、今回の記事を参考に、日々の愛犬の様子を観察してみてください。

1-1.症状は4段階

小型犬の中でも特にチワワなどに多くみられる膝蓋骨脱臼ですが、膝蓋骨脱臼の症状は、その進行段階別に4つの段階があります。

【第一段階】

脱臼していても自然と正常な状態に戻ることが多く、無症状であるため、飼い主は気が付かない場合が多い。

【第二段階】

時々脱臼した足を浮かせて跛行するが、犬が足を伸ばしたり人間が手を貸すと簡単に整復できるので、日常生活にそれほど大きな支障はない。

【第三段階】

骨が変形し、靭帯が伸びるなどし、脱臼している場合が多い。脱臼した側の足を跛行することが多くなる。

【第四段階】

常に脱臼した状態。元に戻すことができず、膝を曲げたままの状態で歩くなどの歩行異常がみられる。運動も思うようにできなくなる。

愛犬の症状がどの段階にあるかによって行う処置が変わってくるため、愛犬の症状をよく観察することが大切です。

1-2.膝蓋骨脱臼の原因と予防

ではどんな状況で膝蓋骨脱臼が起こるのでしょうか。膝蓋骨脱臼には大きく分けて2種類の原因があります。

①先天性のもの

生まれつき膝関節周りの筋肉や骨、靭帯の形成異常などがある場合です。生まれつき膝蓋骨脱臼があった場合は、その犬は交配させないことで、次の世代に先天的な膝蓋骨脱臼が広がることを予防することができます。
先天性の膝蓋骨脱臼になりやすい犬種としては、チワワの他、トイ・プードルやポメラニアン、ヨークシャテリアやマルチーズなどの小型犬に多く見られます。

②後天性のもの

打撲や高い場所からの落下などによる外傷が原因で起こる場合があります。これはどんな犬にも起こりうることなので、足元が滑りにくいように生活環境を工夫・改善することで予防することができます。

1-3.膝蓋骨脱臼の治療法

主な治療は「膝蓋骨を正しい位置に戻す手術」ですが、症状のどの段階かによっても治療法が異なります。段階別の治療方法を紹介していきます。

【第一段階】

症状がほとんどないため、飼い主が膝蓋骨脱臼であることに気づいていない場合が多いです。(治療なし)

【第二段階】

時折足の不自然な動きが気になってきます。この場合はサプリメントの服用など、内的治療を行うことが多いです。

【第三段階】

第二段階の症状が見られた後、何も処置をしないでいると症状は第三段階まで進行していきます。この段階にくると内的治療での効果はあまり期待できず、手術を必要とする外的治療を行う場合が多くなります。

【第四段階】

症状がかなり進行し、手術でも完治することが難しいとされています。

1-4.まとめ

膝蓋骨脱臼について、その症状から原因・予防、治療法に至るまで紹介してきましたがいかがでしょうか?1-3.の「膝蓋骨脱臼の治療法」で紹介したように、症状の段階が進むにつれ、複雑な治療が必要になり、しかも最終段階までいってしまうと、手術をしても完治が難しいことがわかるかと思います。その為、膝蓋骨脱臼の対処法において一番大切なのは「早期発見、早期対処」です。愛犬が歩行中に少しでも不自然な動きをした場合は、その後の様子をしっかり観察し、改善が見られない場合はすぐに獣医師に相談することが大切です。

チワワなどの小型犬の場合は、先天性の膝蓋骨脱臼にかかる可能性も高いため、より早期発見が重要になります。最後まで「自分の足でしっかり歩き、行きたい場所にいける」というのは犬にとってとても重要、かつ犬にとってとても幸せなことです。是非この記事を参考に、愛犬の足について日頃から注意してみてあげてください。

【あわせて読みたい関連記事】→ 小型犬の関節サポートでおすすめの食事や成分って?

 

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。