1.チワワが脱臼した時の症状と適切な改善策について

チワワがかかりやすい病気の一つとして「脱臼」が近年多くみられます。脱臼は散歩中に足がつったように見えてすぐに治ってしまうこともあるので普段通りに過ごせてしまいます。そのため、脱臼しているのに気付かない飼い主さんが少なからずいるようです。ですが、そのまま放置して何度も繰り返すと骨の溝がどんどんすり減ってき脱臼しやすい関節になってしまいます。

病状がひどくなると骨格が変形し脱臼した骨が元に戻らなくなって最悪歩けなくなってしまいます。そうなると体に負担の大きい外科手術をする以外に治す方法が無くなります。特にチワワのような小型犬に多い病気ですので注意深く観察して脱臼を見逃さないように心掛けてください。チワワの脱臼においては正しいケアをしてあげることによって予防できるのでしっかり知識として身に付けておきましょうね。

 

1-1.なぜ脱臼するの?

チワワが脱臼する原因は転倒や交通事故などの外部から衝撃を受けた時に起きると認識されている方が多いと思います。ですが、実は生まれつき遺伝によるものがほとんどで骨格及び関節の異常が原因で脱臼しやすくなっています。チワワが特に脱臼しやすい箇所があり、「肘関節(前足)」と「膝関節(後ろ足の膝の皿)の2つが多い傾向にあります。特に後者の膝関節の脱臼はクセになりやすく変形しやすいため適切な応急処置が求められます。

 

1-2.脱臼の応急処置の仕方

愛犬チワワの脱臼していると分かった場合は応急処置として患部の固定をします。脱臼した箇所に力が加わらないように包帯などでぐるぐるに巻き上げてください。肘、膝関節が再度開かないように折り畳んだままの状態にし、足を固定するように巻いてください。最後に胴体までしっかり巻いて関節が全く動かない状態まで固定します。反対側の片足でケンケンしないと歩けない状態にまでしっかり固定してあげてください。その後に動物病院で診てもらうまでが応急処置の手順となります。

 

1-3.脱臼の予防

脱臼と分かった場合は前途でお伝えした応急処置をしてあげてこれ以上関節に負担をかけさせないことが重要です。まだ脱臼していないとしてもいつ起こるか分からない病気なので自宅で出来るだけの予防はしておきましょう。脱臼の予防で大切なのは関節になるべく負担のかからないような生活環境にしてあげることです。もし肥満だったら散歩やコミュニケーションなどの適度な運動でダイエットを頑張らなくてはいけません。餌についてはお肉を主体とした豊富なタンパク質を摂取できるドッグフードに切り替えてあげると関節を丈夫にしてあげることができます。

(【関連記事】チワワにおすすめのドッグフードは?何を基準に選ぶといいの?

 

他にも室内の環境面では床がフローリングの場合は柔らかいじゅうたんやマットを弾いて滑りにくくしてあげると安心できます。

 

1-4.最後に

ここまでチワワが脱臼しやすい種類と改善策についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?脱臼は遺伝的な場合が多く比較的若い時期に脱臼してしまうケースが多くみられます。そのため、普段通り元気だからといって放置してしまうと習慣付いてしまい手術をしないといけない状態になってしまいます。若いうちから改善策を施してあげると比較的すぐに体は対応してくれるので将来的にも楽ですよ。小型犬は特に老化による関節の衰えが進行しやすいので今回お伝えした改善策を参考にして病気をしない丈夫なチワワちゃんを育ててあげてくださいね。

【参考記事】→ 犬の脱臼治療は部位ごとに違う!?部位別の症状・対策まとめ。

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。