photo-1452698200792-0d1e0c1b429a

突然愛犬の目の周りがハゲてきたら?心配になる飼い主さんも多いかもしれません。

そういったときはまず「病気」を疑ってみましょう。そしてよく目の周りを確認してみて下さい。

ここでは、そんな目の周りがハゲてきたワンちゃんの原因と対策についてお伝えしてきます。

 

1.犬の目の周りがハゲる4つの原因と対策は?

e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

犬の目の周りがハゲたときは以下の点を意識して診てあげて下さい。

【理由1】傷がついている

もし片目の周りだけがハゲてきているのならば、傷はついていませんか?痒くて掻いたときに傷がついてハゲてしまっているのかもしれません。爪が尖っていると更に傷つけてしまう可能性があります。爪のチェックをして傷が酷いようであれば病院に行きましょう。

【理由2】涙やけ

目の周りがいつも涙で濡れていませんか?涙やけを起こしている場合に毛が抜けてハゲてしまう事も考えられます。涙やけの原因を探し改善してあげましょう。

例えば逆さまつげであれば外科的な手術をする事もありますし、まつげのカットをするだけでも変わります。涙鼻管がつまって涙やけを起こしている事もあります。涙鼻管が詰まっている時には添加物の多い食事を無添加に変えただけで治ったというケースもあります。今与えているフードの見直しも検討してみましょう。

 

【参考記事】
→ 同じフードの長期使用は危険!?「餌の見直し」してますか?

 

【理由3】アレルギー

アレルギーの症状で目の周りがハゲる事もあります。通常は目や口の周りが赤くなったりしますが、体質によって目の周り(皮膚が弱い為)の毛が抜ける事もあるのです。この場合はアレルゲンを特定して接触しないようにしてあげましょう。

アレルゲンは食べ物や草葉、ほこりなど全ての物質がアレルゲンになりえます。いつもと違う場所へ散歩へ行ったなど環境が変わっていないのであれば食べ物を疑う事が一番の近道です。病院で血液検査によって何のアレルギーを持っているかを調べる事も出来ます。

アレルギーは人間が花粉症に突然なるのと同じように、今までは平気でも突然発症する事があります。愛犬は飼い主さんが与えたフードしか食べる事は出来ません。食後の様子などがおかしいようでしたら食べ物アレルギーなどを疑ってあげて下さいね。

 

【関連記事】
→ 犬のアレルギー性皮膚炎は治る?ドッグフードも変えるべき?

 

【理由4】感染症

真菌(カビ)や細菌による感染症が原因の事もあります。例えば膿皮症は犬の皮膚上には常在菌がいるのですが、何らかの原因で菌が増えすぎてしまう事でおきます。ほとんどの場合は感染症の場合は痒がったり皮膚が赤くなったりします。

そして目の周りだけではなく皮膚全体に広がる事も多いです。真菌や細菌など繁殖している種類によって治療法は異なります。病院でどのような菌が悪さをしているのを調べる事も出来ますので原因を突き止めて治療を行う事が必要となります。

特にシャンプーをしたまま乾かさなかったり、換毛期に抜け毛を放置していて死毛が絡まったまま風通しが悪く被毛内が蒸れたり、定期的にシャンプーをしないで不潔にしていたり、ストレスや高齢で抵抗力が落ちて菌が異常繁殖するなどという事が考えられます。

濡れたら乾かす、換毛期のブラッシングをまめにする、定期的なシャンプー(少なくとも月に1度前後)、などをする事で防ぐことも出来ます。皮膚病は一度出来ると治りにくいのでぜひ普段から皮膚病に掛からないように心掛けてあげましょう。

 

2.まとめ

愛犬の目の周りがハゲる原因としては以上のような事が考えられます。

ただどれも自己判断せずに様子がおかしいと思った場合は病院に行きましょう。皮膚病は治りが遅いものがほとんどです。早期発見、早期治療を心掛けてあげましょう。

また、愛犬の目の周りのトラブルに関しては「犬の目の周りが赤い原因は?普段のフード選びで気をつけることは?」の記事も参考になるかと思いますので、ぜひ合わせてご覧にられてみて下さいね。

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。