1.愛犬がアレルギー性皮膚炎になったら?

犬のアレルギー性皮膚炎は年齢にかかわらず発症しますが、アレルギー性皮膚炎は治るの事があるのでしょうか。またドッグフードも変えるべきなのでしょうか?大切な愛犬のためにも、ぜひ必要な知識を覚えておいてください。

 

1-1.犬のアレルギー性皮膚炎の症状

まずは、犬のアレルギー性皮膚炎の「症状」についてお伝えいたします。基本的には年齢は関係なく、発症いたします。発症すると、皮膚が赤くなったり、湿疹ができて痒くなったりします。被毛が抜けて脱毛してしまう子もいます。痒みを我慢できないわんちゃんは、とにかく患部を掻きむしってしまい症状を悪化させたり、皮膚がただれてしまう場合もあります。

 

1-2.犬のアレルギー性皮膚炎の発症場所と原因

次に犬のアレルギーの「発症場所」についてお伝えいたします。
おもに、目の周りやお口の周り、お耳やおなか、足の指の間やわきの下、鼠蹊部など体のあらゆるところに症状が出ます。たとえば、お耳に症状が出た場合、そのままひどくなると外耳炎になったり、目に症状が出た場合、そのまま結膜炎になったりとする場合もあります。アレルギー性皮膚炎の原因は、アレルギー性皮膚炎の原因となるアレルゲンに反応してしまい、アレルギーの症状を引きおこしてしまうことにあります。ハウスダストやカビ、花粉、ノミやダニ、ドッグフードの原材料、また同じ食材をずっと摂取し続けること、小麦、動物のフケなどがアレルギーを引き起こすアレルゲンと言われています。

 

1-3.アレルギー性皮膚炎の治療方法と食事(フード)

愛犬が自分の体を痒そうにかいていたり、皮膚の状態がよくなかったりしたら早めに動物病院に行って診察してもらいましょう。自己判断せず、獣医さんに診察していただいたうえで、治療方法を考えて行きますが、基本的に問診や症状を見てアレルギー性皮膚炎と疑われた際、血液検査で原因特定をしていきます。そこで、ハウスダストでしたら住宅環境の改善、ノミダニでしたら薬物治療、食物アレルギーでしたら、アレルゲンを除去した食事療法と体質改善という形で治療方法考えて行きます。感染症予防のためにも皮膚の清潔はとても大事なことですし、皮膚が乾燥しがちな場合は保湿も必要となってきます。

 

皮膚の健康は本当に大切です。

 

また今まで食べていたドッグフードを見直すことはアレルギー性皮膚炎の緩和に結び付きますし、アレルゲン除去食へ移行するのにとても重要なこととなってきます。獣医さんは、色々な相談にのってくださいます。その子その子に合った、治療方針があると思いますので、とにかくよく獣医さんとご相談しながら、愛犬の食事選びをするとよいでしょう。

 

(【参考記事】→ 皮膚炎アレルギーでも食べさせる事ができるドッグフードの選び方は?

 

1-4.アレルギー性皮膚炎は治ることがあるか?

ここまで、原因や症状や治療方法、食事についてはわかりましたが、では一体、アレルギー性皮膚炎は治るものなのでしょうか??なかなか答えに難しいですが、症状の緩和はできるものの、完治は難しい病気とされています。皮脂のコントロール不全と、体がアレルゲンに反応してしまうという体の免疫システム異常でおこるのが、アレルギー性皮膚炎です。なのでアレルギーが引き起こす皮膚炎の完治は体の免疫システム異常で起こる病気なので完治が難しいと言われるのはこのためなのです。

 

ただ、アレルギーの緩和をすることは、十二分に可能です。とにかくアレルギーの元となる『アレルゲン』を除去すればよいのです。また皮脂をコントロールできるよう、体を清潔に保つことも大切です。皮膚の清潔と、アレルゲンを抑えることで、症状も軽くすることはできますし、愛犬の苦痛を少しでも和らげることはできるようになります。

 

1-5.おわりに

年々犬のアレルギー性皮膚炎は増えてきておりますが、飼い主さんが早期発見することで、治療を早く開始することができますので、愛犬の症状が著しく悪化する事を防ぐことができます。動物病院できちんとした検査や治療を受けることで、愛犬の痒みのコントロールをしながらアレルギー性皮膚炎の緩和に取り組むと良いでしょう。アレルゲンの除去と皮膚の清潔を保つ生活をすることで、愛犬の症状の緩和は十分可能となります。飼い主さんは健やかな愛犬の健康のためにも、日々注意深く観察し、愛犬のための健康管理をしていってください。

 

【参考記事】→ 犬の皮膚病はお洋服によるかぶれが原因?まず何をすべきか?

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。